ケア技術向上推進室

ケア技術向上推進室は、虚弱高齢者や認知症者へのよりよい医療介護提供体制を強化するため、身体介護技術並びに認知症介護技術等の各種プロジェクトを一体的に把握・調整を行う部署となっております。
ケア技術向上推進室

ケア技術向上委員会

平成19年より法人全体で持ち上げない介護を目指して、「ケア技術向上委員会」を立ち上げました。平成21年より法人内認定制度としてケア技術指導者が導入され、平成28年4月までに看護師11名、介護士30名が誕生し各病院施設で積極的に取り組みを行っております。

ユマニチュード推進プロジェクト委員会

平成27年9月からは認知症対応コミュニケーション技術として、「ユマニチュード」が法人全体に導入されました。外部研修(入門コース)受講者も19名となり、平成28年6月からは東京医療センターにて10週間のインストラクター養成研修に参加しインストラクターとアシスタントが誕生しました。

沿革

平成19年度 ケア技術向上委員会 発足
平成20年度 ケア技術向上マニュアル完成
全国老健大会 奨励賞受賞「サン:ケア技術向上委員会を発足して」
平成21年度 法人内認定制度「ケア技術指導者」誕生
他施設協働研修会 開催(毎年1回)
平成22年度 「あなたもわたしもらくらく介護」DVD 10巻完成
北欧式トランスファー研修
平成23年度 デンマーク研修
労働環境調査実施
長寿苑にてケア技術コンテスト実施
平成24年度 全国老健大会 優秀奨励賞「サン:看護・介護従事者の労働環境改善に向けて」
平成25年度 キネステティク体験会の開催
平成26年度 キネステティク ベーシックコース開催
平成27年度 キネステティク アドバンスコース開催