ノルディック・ウォークについて

ノルディック・ウォークはフィンランド発祥で、2本のポールを持って歩きます。通常のウォーキングと比べて運動効果が40%高まり、膝や腰への負担が30%軽減すると報告されています。また歩く姿勢がよくなることで歩幅も広くなります。

  • 1930年代から、フィンランドのクロスカントリー選手達が夏場のトレーニングのひとつとして行っています。
  • 1990年代後半からは、一般の人でも楽しめるスポーツとして普及しています。

効果と効能

  1. 全身の90%の筋肉を使う全身運動

    腕や足だけではなく、全身の90%以上の筋肉を使った全身運動で、通常のウォーキングと比較してエネルギー消費量が約20~30%UPします!

  2. 運動効果がUP!

    全身の90%以上の筋肉を使った全身運動なので、普通のウォーキングと比べて運動効果がより高まります。首や肩の筋肉の血行が盛んになり、肩こり等の解消につながります。

  3. 足腰にやさしい

    ポールを使うと4点歩行になる為、体重が分散されます。ポールなしのウォーキングと比べて膝や腰への負担が、30%軽減されます。

  4. 姿勢が良くなる・歩幅が広がる

    背筋が伸び、歩幅も広がる。姿勢が良くなり目線が前方に向きやすくなります。理想的なウォーキングフォームが身につきます。

  5. 転びにくい・歩きやすい

    転倒防止に効果的。2本のポールを交互に突く事で4点歩行になるので、安定感が増しバランス維持をサポートしてくれます。

連盟との関わり

長崎県ノルディック・ウォーク連盟佐世保支部 設立

2019年4月10日「長崎県ノルディック・ウォーク連盟佐世保支部」を設立。
【活動目的】

佐世保市におけるノルディック・ウォークに関する活動を精力的に行い、その普及・発展に寄与する事。【事務局】

佐世保市戸尾町4-5 白十字ビル2階「トーコー展示場」内

全日本ノルディック・ウォーク連盟メディカルノルディック・ウォーキング九州本部 設立

7月2日「全日本ノルディック・ウォーク連盟メディカルノルディック・ウォーキング九州本部」を設立。
【活動目的】

様々な疾患の方へノルディック・ウォークを実施した時の効果の検証を行い、その検証結果を学会発表・広報誌等を通じて市民の皆様にその効果を広め、生活の質の向上に寄与する事。

【事務局】

社会医療法人財団白十字会 佐世保中央病院内ケア技術向上推進室


全日本ノルディック・ウォーク連盟情報誌「ノルディック・プロモーション」掲載の一部抜粋記事の紹介

2020年春・夏号
2019年秋・冬号
2019年春・夏号
2018年秋・冬号

白十字会グループ内の取り組み

白十字会グループ内には、全日本ノルディック・ウォーク連盟公認のマイスターが1名、インストラクターが38名在籍しています。

実務者研修会
法人内の全日本ノルディック・ウォーク連盟公認インストラクターを講師として、法人内の実務者向け研修会を行っております。

法人内実務者研修参加者数
(2018年度) 22名
(2019年度) 21名   (合計)43名

法人内情報共有会
年度2回、法人内の「ノルディック・ウォーク」インストラクターが集まり情報共有会を開催しております。

ノルディック・ウォークをする前の準備体操として、「ノルディック・ポールを使った体操」の動画を作成しました。外出が難しい時も、お家で気軽に行えます。
ご興味のある方は、ぜひご視聴いただき体操を行ってみてください。

映像:約10分

【製作】長崎県ノルディック・ウォーク連盟佐世保支部
     メディカルノルディック・ウォーキング九州本部

問い合わせ先

社会医療法人財団 白十字会

ケア技術向上推進室  電話:0956-33-7151

お電話口で「ケア技術向上推進室」とお伝えください。