病理・細胞診室|臨床検査技術部

病理・細胞診室

病理・細胞診室

病理・細胞診室では、患者さんの体から採取した組織・細胞を用いて顕微鏡用の標本を作製して顕微鏡で観察することで、病気の最終診断を行っています。

組織診断

術中の迅速標本作成
  • 生検組織の診断
  • 病変の一部より採取した数ミリ大の組織から標本を作製し、悪性腫瘍の有無や炎症の程度などを調べます。
  • 摘出臓器、組織の診断
  • 手術で摘出された臓器から診断に必要な部分を切り出し、染色・標本の作製を行い、病変の診断や手術で病変が摘出できたか、ガンの広がりや転移の有無などを調べます。
  • 手術中の迅速診断
  • 手術中に採取された組織から10分程度で標本を作製し、病変の診断や手術によって摘出された組織に取り残しがないかなどを調べます。

細胞診断

尿や喀痰などに含まれる細胞や、子宮頚部や気管支などからこすり取った細胞、乳腺・甲状腺などの臓器に細い針を刺して採取した細胞から標本を作製し、悪性細胞の有無を調べます。

病理解剖

不幸にして病死された患者さんのご遺体を解剖させていただき、死因は何か、生前の診断や治療方法は正しかったか、などを判断します。
ページの先頭に戻る
Copyright (C) Sasebo Chuo Hospital. All Rights Reserved.