生理・超音波室|臨床検査技術部

生理・超音波室

生理・超音波室

心電図、超音波検査、眼底検査等の従来からの検査に加え、ABIなどの最新の装置を導入し、患者さんのニーズに対応した検査を行っています。

循環機能検査

心臓の機能やそれによって影響を受ける身体各所の情報を検査します。
心電図検査 不整脈の有無や種類、心臓の筋肉の働きを調べます。
負荷心電図検査
(階段昇降・エルゴ・トレッド)
運動前後の心電図変化や、安静時には異常がない潜在性の循環障害を発見することができます。
加算平均心電図 心電図波形のたし算と平均を交互に繰り返して通常の心電図では記録できない、とても小さな信号を記録する検査です。
心肺運動負荷試験
(CPX)
心臓だけでなく肺や運動に使われる筋肉の状態等を総合的にみて運動耐容能(体力)を評価する検査です。
ホルター心電図検査 24時間心電図を記録し、不整脈、薬の効果、自覚症状などを調べます。
R-R間隔 自律神経の働きを調べます。
ABI
(血圧・脈波検査)
動脈の硬さや狭窄・閉塞の早期発見・診断など、動脈硬化の総合評価を行う検査です。
皮膚組織灌流圧
(SPP)
末梢血管領域で下肢虚血の重症度を評価する検査です。

超音波検査

超音波をあて、対象の臓器の病変を検出します。
腹部超音波検査 肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓など
乳腺超音波検査 乳腺
頚部超音波検査 甲状腺、頚部周囲
頚動脈超音波検査 頚部動脈の血管の状態や血液の流れ
下肢動静脈超音波検査 足の静脈の血液の流れや血栓の有無
心臓超音波検査 心臓・弁の働き・大きさ・機能・血液の流れ

呼吸機能検査

肺から出入りする空気の量などを測定して、肺の働きを調べる検査です。
肺活量 肺の大きさと、気管支の状態を調べます。
残気量 息を全部吐き出したときの肺の大きさを調べます。

DLCO

肺から酸素がどれだけ効率よく血液中に取り込まれているかを調べます。

神経機能検査

脳と脊髄を合わせた中枢神経と、脊髄から腕や脚に出ている末梢神経の働きを見る検査です。
脳波検査 脳が働いているときの電気活動から、脳の神経の働きを調べます。
筋電図・末梢神経伝導速度 筋肉の障害の程度や種類と末梢神経障害の有無を調べます。
聴性脳幹誘発反応 音刺激によって脳幹の働きを調べます。
体性感覚誘発反応 知覚神経に電気刺激を与えて、その働きを末梢から中枢まで評価します。
ページの先頭に戻る
Copyright (C) Sasebo Chuo Hospital. All Rights Reserved.