社会医療法人財団 白十字会 介護老人保健施設 長寿苑

TEL:0956-32-3800
スタイルの変更:
ホーム >Q&A リハビリ関連

リハビリ関連

Q.リハビリは出来ますか?

A.
長期入所短期入所通所リハビリ訪問リハビリ、全てのサービスにおいて可能です。リハビリ専門のセラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が在籍しております。


Q.どこの老健でもSTは必ず配置しているんですか?

A.
社会医療法人財団 白十字会、社会福祉法人 佐世保白寿会の老健(介護老人保健施設)にはST(言語聴覚士)が在籍しておりますが、老健におけるSTの配置義務はありませんので、他法人様の老健においてSTを配置しているかどうかは、こちらでは分かりかねます。


Q.継続してリハビリをたくさんしたいのですが、どうしたら良いですか?

A.
①…ご入所頂いてから3ヶ月間は、短期集中リハビリテーション加算の算定が可能です。この加算を算定することで、1週間の間に行うことが出来るリハビリ(1日あたり20分以上)の回数が4回に増えます。
(※入所後3ヶ月を経過しますと、加算の算定が出来なくなるためにリハビリの回数が減ります)

②…長期入所を利用後、退所をされたご自宅等から通所リハビリをご利用頂いた場合は、ご入所の際と同様に短期集中個別リハビリテーション加算の算定が可能となり、退所から3ヶ月間は通所にて集中したリハビリ(1日あたり40分以上)を行うことが出来ます。
(※短期集中個別リハビリテーション加算の算定には要件があります)

③…ご自宅等での生活が3ヶ月を経過した後、リハビリの必要性を感じて再度ご入所を頂いた場合は①の際と同様に、3ヶ月間は短期集中リハビリテーション加算を算定することが出来ます。
(※ご自宅等での生活が3ヶ月未満の場合、短期集中リハビリテーション加算は算定出来ません)

このように・・・『3ヶ月の長期入所』、『通所リハビリを利用してご自宅等で3ヶ月以上の在宅生活』、必要であれば『3ヶ月の長期入所』、『通所リハビリを利用してご自宅等で3ヶ月以上の在宅生活』といった方法を使うことで、継続してリハビリを数多く行うことが可能となります。


Q.リハビリテーションマネジメント加算について教えてくれますか?

A.
通所利用者様のリハビリテーションの内容や目標、日常生活の留意点、介護のアドバイス等をご本人様、ご家族様、各担当者、居宅CMなどで共有を目的とした『リハビリテーション会議』の開催によって生じる加算です。長寿苑のリハビリテーション会議では、利用者様のリハビリテーション計画内容についての説明を医師がご本人様・ご家族様へ行うため、リハビリテーションマネジメント加算の『Ⅲ』と『Ⅳ』を算定しております。利用開始からの加算の算定例を以下の図でまとめましたので、一度ご参照下さい。


Q.訪問リハビリはどの地域まで来てくれますか?

A.
現在ご利用頂いている方々のお住まい地域を加味して、ご利用可能な地域を決めております。お手数ですが、訪問リハビリの担当までご相談下さい。

SUB MENU

関連情報

ページのトップへ戻る