社会医療法人財団 白十字会 介護老人保健施設 長寿苑

TEL:0956-32-3800
スタイルの変更:
ホーム > 運営理念・運営方針

運営理念・運営方針

運営理念

社会医療法人財団 白十字会 介護老人保健施設においては、パワーリハビリテーション、学習療法等の心身の専門的リハビリテーションや最新の会議技術を駆使し、市民の皆様に信頼され、安心してご利用いただける施設となるよう日々研鑽いたします。また地域包括ケアの中核としてその役割を果たします。


運営方針

【包括的ケアサービス施設】
利用される方の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるよう利用者様の目標と支援計画を立て、必要な医療、介護、リハビリテーションを各専門職が緊密な連携のもと、チームで支援します。

【リハビリテーション施設】
体力や基本動作能力の獲得、施設内活動や行事等への参加の促進、家屋環境の調整など生活機能向上を目的に、効果的な短期集中リハビリテーションを行います。

【在宅復帰施設】
脳卒中、廃用症候群、認知症等の疾患による個々の状態像に応じて、多職種協働による自立支援を念頭に置いた専門的施設サービス計画書を作成し、その達成に努め、早期の在宅復帰に繋げます。

【在宅生活支援施設】
自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問系のサービスを提供するとともに、退所後も在宅生活の進捗を定期的に確認し、必要なサービス機関と連結しながら、ご本人、ご家族の安心と介護負担の軽減を総合的に支援していきます。

【地域に根ざした施設】
ご家族や地域住民の方々との交流や積極的な介護教室の開催、ボランティア活動等を実施し、様々なご相談に対応します。また、行政や福祉、医療等の関係機関と連結し、サービスの向上に努め、地域包括ケアの中心的拠点としての役割を担っていきます。

SUB MENU

関連情報

ページのトップへ戻る