ノルディック・ウォークについて

ノルディックウォーク
フィンランド発祥で、2本のポールを持って歩きます。通常のウォーキングと比べて運動効果が40%高まり、膝や腰への負担が30%軽減すると報告されています。また歩く姿勢がよくなることで歩幅も広くなります。

・1930年代からフィンランドのクロスカントリー選手達が夏場のトレーニングのひとつとして行っていた.
・1990年代後半からは一般の人でも楽しめるスポーツとして普及
ノルディックウォークのメリット
◯全身の90%の筋肉を使う全身運動
◯ウォーキングと比べて運動効果が40%高まる
◯膝や腰への負担が30%軽減される
◯姿勢が良くなる
◯歩幅が広くなる
効果と効能
◯左右の筋バランスが整います。背筋が伸び、歩幅が広がり理想的なウォーキングフォームが身に付く
◯体全体の90%以上の筋肉を使った全身運動なので、通常のウォーキングに比べてエネルギー消費量が20~30%向上通常(280kcal/h)→NW(336-364kcal/h)
◯体力の3大要素「力強さ:筋力」「ねばり強さ:持久力」「たくみさ:バランス保持能力」をバランスよく向上させる
◯首や肩の筋肉への血行が盛んになるので肩こり等の解消
◯ポールがバランス維持をサポートし転倒防止に効果的
◯ポールを突くことで30%の体重軽減効果があり、関節や膝への負担軽減
◯生活習慣病の予防と改善に効果的
法人内の取り組み
◯実務者研修会
法人内の全日本ノルディック・ウォーク連盟公認インストラクターを講師として、法人内の実務者向け研修会を行っております。
◯法人内情報共有会
年度2回、法人内の「ノルディック・ウォーク」インストラクターが集まり情報共有会を開催しております
◯「ノルディック・ウォーク」インストラクター 歩こう会