病理診断科

他診療科医と連携して病理診断やカンファレンス

診療内容

病理部では日々の細胞診、生検診断、手術摘出臓器の病理診断、術中迅速診断、病理解剖および臨床病理カンファレンスを主な業務としています。

消化器科や外科系の医師とは、摘出臓器の切り出し時に立ち会ってもらい実際の臓器の所見を術前の画像診断等と付き合わせて切り出しています。
術前カンファレンスへの参加とともに、臨床医がそれぞれの症例で何を問題としているかをお互いに確認しつつ、臓器の検索を行うことが可能です。 消化器系の摘出標本については、全例・他臓器摘出標本も必要に応じて、毎週術前カンファレンス後に、術後の臨床病理カンファレンスで症例を呈示しています。キャンサーボードにも参加しています。
また腎生検では腎臓内科医と一緒に組織を検鏡し、診断のみならず治療方針も検討しています。

長崎大学原研病理学教室・病理学教室と密接な連携関係にあり、大学の教授以下スタッフにも病理診断に加わっていただき、ほぼ全症例のダブルあるいはトリプルチェック体制を整えております。デジタルパソロジーを用いた長崎大学との連携も行なっています。また、大学の教室と協力しつつ、大学の若手の先生の人体病理学の卒後教育にも積極的に関わっています。

外来診療体制

病理診断科

診療
午前
新患
     
午前
再診
     
午後
新患
     
午後
再診
     

診療担当医

病理診断科
米満 伸久
YONEMITSU NOBUHISA
病理診断科病理部長・
臨床検査部長
長崎大学 昭和56年卒
医学博士
日本病理学会 病理専門医・研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医
日本臨床検査医学会管理医
死体解剖資格
ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)
尹 漢勝
YUN KANKATSU
病理診断科非常勤長崎大学 昭和50年卒
医学博士
日本臨床病理学会病理専門医・研修指導医
死体解剖資格
長崎大学大学院医薬学総合研究科生命医科学講座(病理学)客員教授
力武 美保子
RIKITAKE MIHOKO
病理診断科非常勤佐賀大学 平成19年卒
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
死体解剖資格
上木 望
UEKI NOZOMI
病理診断科非常勤長崎大学 平成24年卒
医学博士
死体解剖資格
日本病理学会病理専門医
石嶋 聡介
ISHIJIMA SOUSUKE
病理診断科非常勤川崎医科大学 平成30年卒
吉川 亮
AKIRA YOSHIKAWA
病理診断科非常勤長崎大学 平成30年卒

診療実績

2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度
組織診断3,507件
細胞診断4,483件
解剖7件
剖検例CPC5件
外科病理カンファレンス51件
組織診断3,148件
細胞診断4,432件
解剖5件
剖検例CPC5件
外科病理カンファレンス65件
組織診断3,204件
細胞診断4,819件
解剖8件
剖検例CPC3件
外科病理カンファレンス50件
組織診断3,084件
細胞診断4,867件
解剖10件
剖検例CPC8件
外科病理カンファレンス51件
組織診断3,226件
細胞診断5,128件
解剖10件
剖検例CPC5件
外科病理カンファレンス52件

認定施設