糖尿病・内分泌センター

糖尿病患者の自己管理を専門チームが支援

診療内容

糖尿病・内分泌センターは、糖尿病の診断、食事療法・運動療法を実行するための支援、薬やインスリンによる治療、合併症の管理など、糖尿病専門機関でしかできないような診療を行っています。


また、通常の治療はかかりつけ医で行い、専門的な教育や検査は専門施設である当院で行う地域連携パス「佐世保ブルーサークル」を運用し、医療資源を最大限に生かしています。 さらに専門チームで「教育入院(2週間)」、「検査入院(1泊2日)」、「腎症教育入院(4泊5日)」、「持続血糖モニター入院(3泊4日)」、「栄養看護外来」の4つのコースを運営しており、特に教育入院では退院後多くの患者がHbA1c (NGSP値) 6.9%未満を達成されています。また、内分泌領域では、甲状腺・副甲状腺・下垂体・副腎など様々な内分泌疾患の診断・治療を行っています。

外来診療体制

糖尿病内分泌センター

診療
午前
新患
中路 啓太(非)小出 桜子
 
  
 
中村 公隆尾藤 大輔
 
午前
再診
中村 公隆
小出 桜子
中路 啓太(非)
尾藤 大輔
中村 公隆
尾藤 大輔
中村 公隆
尾藤 大輔
小出 桜子
小出 桜子
宇佐 俊郎(非)
第1・3週
午後
新患
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
午後
再診
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

診療担当医

糖尿病・
内分泌センター
伊藤 文子
ITO AYAKO
糖尿病・内分泌センター副部長長崎大学 2010年卒
医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本糖尿病学会 専門医
日本糖尿病学会 認定指導医
日本内分泌学会 内分泌代謝科(内科)専門医
緩和ケア研修会修了
NST医師・歯科医師教育セミナー修了
小出 桜子
KOIDE SAKURAKO
糖尿病・内分泌センター医員長崎大学 2018年卒
緩和ケア研修会修了
NST医師・歯科医師教育セミナー修了
尾藤 大輔
BITO DAISUKE
糖尿病・内分泌センター医員佐賀大学 2018年卒
緩和ケア研修会修了
NST医師・歯科医師教育セミナー修了
中村 公隆
NAKAMURA KIMITAKA
糖尿病・内分泌センター医員長崎大学 2019年卒
NST医師・歯科医師教育セミナー修了
宇佐 俊郎
USA TOSHIRO
糖尿病・内分泌センター非常勤長崎大学 1988年卒
医学博士
日本内科学会 認定内科医・指導医
日本内科学会 総合内科専門医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医
日本内分泌学会 認定指導医
日本甲状腺学会 甲状腺専門医
中路 啓太
NAKAJI KEITA
糖尿病・内分泌センター非常勤大分大学 2015年卒
日本内科学会 認定内科医
日本糖尿病学会 専門医

診療実績

糖尿病・内分泌センターでは毎月およそ1,600名の糖尿病患者さんを専門外来にて診療し、年間およそ150名の糖尿病教育入院に携わっています。

2022年度2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度
新患数303名
月平均受診者数770名
平均HbA1c7.7%
新患数341名
月平均受診者数818名
平均HbA1c7.7%
新患数256名
月平均受診者数756名
平均HbA1c7.6%
新患数343名
月平均受診者数786名
平均HbA1c7.6%
新患数308名
月平均受診者数829名
平均HbA1c7.5%
新患数274名
月平均受診者数844名
平均HbA1c7.7%

認定施設

日本糖尿病学会教育施設
日本内分泌学会連携医療施設

セラバンド体操