麻酔科

術中の麻酔管理とICUの管理運営を行っています

診療内容

麻酔科はスタッフ4名で術中麻酔管理を主な仕事としており、そのほとんどは全身麻酔です。
また、ICUにおいて課長・主任と共に管理・運営を行っています。
麻酔法はセボフルレン・レミフェンタニルによるバランス麻酔が中心ですが、症例によってはプロポフォール・レミフェンタニルによる全静脈麻酔も行っています。

外来診療体制

麻酔科

診療
午前
新患
     
午前
再診
     
午後
新患
     
午後
再診
     

診療担当医

麻酔科
堤 雅俊
TSUTSUMI MASATOSHI
麻酔科診療部長長崎大学 昭和62年卒
麻酔標榜医
臨床研修指導医
福島 浩
FUKUSHIMA HIROSHI
麻酔科部長長崎大学 平成5年卒
麻酔標榜医
緩和ケア研修会修了
吉村 真紀
YOSHIMURA MAKI
麻酔科副部長大分医科大学 平成7年卒
医学博士
麻酔科標榜医
緩和ケア研修会修了
鶴長 容子
TSURUNAGA YOUKO
麻酔科副部長長崎大学 平成16年卒
医学博士
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本麻酔科学会認定指導医
臨床研修指導医

診療実績

2020年度2019年度2018年度
手術1,816例
全身麻酔症例1,177例 (緊急手術159例)

全身麻酔症例の詳細

外科564例 (緊急手術100例)
脳神経外科78例 (緊急手術34例)
心臓血管外科291例 (緊急手術14例)
整形外科216例 (緊急手術9例)
耳鼻咽喉科4例
泌尿器科17例

認定施設