小児科医に聞こう!(子どもの病気とケア)

診療の合間に伝えきれない、子どもの健康に関してお役に立てそうなことを発信していきます。ご興味のある方はお立ち寄りください。

『小児科医に聞こう!』一覧

コロナ雑感
アフターコロナという言葉,もうすっかり定着した感がありますね.国内ではすでに8割以上の人がワクチン接種を終えています.
ウィズ・コロナ期のご家族のみなさんに伝えたいこと
新型コロナウィルスの日本での現状は“ウィルスを封じ込める事はできなかったが、蔓延しているという程ひどくもない”といったものです。
感染症の話題
感染症に関する話題をいくつかご紹介します。
生活習慣病予防は小児期から、乳幼児期から、そして“生まれる前から”
メタボリック・ドミノは小児期に始まる
小児の肥満はその70%から80%が成人の肥満に持ち越されますし、また小児のうちから“動脈硬化”のドミノがすでに倒れかかっている人がいることも分かっています。
小児の生活習慣病 ~当院での取り組み~
今回は生活習慣病についてのお話です。まず、小児生活習慣病への小児科医の取り組みを「肥満の子供さんに“将来も肥満のままだと病気になるのでヤセようね、運動しようね”と説明する」ものだと思ってらっしゃる方が非常に多いので、そうではない事をまず述べます。
小児の急な症状 ~病気になる前に知っておきたい~
今回は、発熱や腹痛、嘔吐・下痢といった、日常よくある症状についてのお話です。これらの症状は、たいてい急に始まるものですが、親御さんにとっては「急に」どころか「なんでこんな時に」というタイミングで起こります。
小児の成長障害 ~背が伸びない子供にみつかる病気~
親にとって、我が子がすこやかに成長していくのは嬉しいものです。ところで、子供が「すこやか」ではあるけれども「よその子に比べて小さい」と感じることがあります。
小児喘息との付き合い方 ~発作への対処法~
9月は1年でいちばん喘息発作が多い月です。昔から「季節の変わり目」に発作が多くなる事は知られていて、特に急に気温が低くなった日、台風が近づいている時、などは要注意です。しかし、この10 年ほどの間に9月に喘息発作が多い大きな原因に、「かぜひき」が関係している事がわかりました。
小児の食物アレルギー ~診断と適切な除去食~
乳幼児の食物アレルギーは10人に1人ともいわれ、子を持つ親、保育や教育にたずさわる人たちの間

病気のパンフレット

お子様の病気をより理解したい方のため、佐世保中央病院小児科の病気のパンフレットから、病気に関する内容を一部抜粋して掲載いたしました。

お子様の病気をより理解したい方のため、病気に関する内容を一部抜粋して掲載いたしました。

下のような内容です

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

ダウンロード [583.18 KB]